ダイヤモンド買取|ふじみ野・川越の店頭で鑑定書無しでもしっかりとダイヤモンドを評価するところで売却をしたい

 

買取価格について

自然の産物ですので色・内包物・蛍光性等それぞれの特徴があります。
ダイヤモンドの価値・買取額は4Cと蛍光性で決まります。
4CとはCarat(カラット〈重量〉)・Color(カラー)・Clarity(クラリティ〈透明度〉)・Cut(カット)の4つの頭文字になります。
また、人工的な処理によっても金額が変わります。

カラットについて

カラットとは重量になります。1ctをグラムに変換いたしますと0.2gとなります。

カラーについて

無色透明ほど価値がございます。
また、ピンク・ブルー等の天然色は上記とは異なり無色透明より高くなります。
ダイヤモンドカラー

クラリティについて

クラリティとは透明度または明澄度を評価するものであります。が高いと高価買取が期待できます。

ダイヤモンドクラリティ

カット

唯一、人的な要素になります。ラウンドブリリアントカット・ペアシェイプ・エメラルドカット・プリンセスカット・オーバルカット・スクエアカット・ハートシェイプ等ありますが
ラウンドブリリアントカットが最もダイヤモンドを美しく引き立たせるカットとされており、GIA・中央宝石研究所が出している鑑定書に評価されるのは現状こちらのラウンドブリリアントのみとなります。

ダイヤモンドカット

 

蛍光性

ブラックライトを照射しますと発光するダイヤモンドが存在します。
蛍光性がありますと自然光でも白く濁り輝きが失われます。
従って下記画像ですと右NONEが一番買取額が高くなります。

ダイヤモンドの蛍光性

左:STRONG BLUE(ストロングブルー) 中央:MEDIUM BLUE(ミディアムブルー)   右:NONE(なし)

処理

カーボンと言われる黒点内包物がありますと美しさが損なわれます。
内包物にレーザーを照射し、漂白し見栄えをよくします。
この処理がLDH(レーザードリルホール)と言われるものになります。
上記の様にメリットもありますがレーザーを当てる為、照射痕が出来てしまいます。肉眼では確認が困難ですが
10倍拡大鏡では確認できてしまいます。

 

高く売るポイント

上記の様に4Cで価格は決まります。可能な限りダイヤモンドを綺麗にしてお持ちください。
鑑定書は無くても結構です。お持ちでしたら付けてください。